八卦ぐるぐる日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 講習会で考えた6

<<   作成日時 : 2009/02/12 23:49  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 終わってからだいぶ経ちますねぇ。でも出たからにはきちんと投稿。
 
 31日の講習会は龍形八大母掌全部だぁ!!ってことで、夏の講習会最終日の、雷雨の中で八大母掌全部やって倒れそうになった悪夢が脳裏に蘇るぅ。
 でも今回は、あれとは違う雰囲気。

 まずは前四掌(単換掌・双換掌・順勢掌・三穿掌)にはすべての歩法が含まれていて、後四掌(揺身掌・磨身掌・回身掌・転身掌)にはすべての身法が含まれているとのこと。それにおまけで翻身掌があるとのこと。
 なるほどね。

 あと、熊・龍・鷹勢・単勾式などの走圏は手形の違いだけで、歩や身の使い方は一緒だとも。重要だから八大母掌には「大」と「母」の字が入っているのだとか。すげえ大切ってことね。

 そうして、これらは必ず全面的に学ばなければならず、そうすればやがては「道」へ到る。この「道」へ到るように練習するのが正しいということを李先生強調されていたような感じ。中国語はわからないけどね。雰囲気解釈。

 併せて、美しく行うことも重要で、美しく(私の解釈では、間違っても派手にとか言う虚飾ではなく、要求を持たした実のある動きをしろということだと思う)動くことは自分を変えることになるんだそうだ。つまりは偏りや変な力みがあると要求が満たせないでしょ。満たせないということは問題があるということなんだよということでしょうか。

 ここからいよいよ実技。まずは単換掌。中正を保ち続けること。力を下に置くこと。一つ一つを全身で行うことなどの注意を受けながら実習。最近少し他人の動きを見ていていいところや問題がわかってきたようにも感じる。そういえば前に八戒さんに、他人の欠点だと思って見えているところは、自分ができていないところだと言われた。ってことはだいぶできてないじゃん僕。

 次に双換掌。形の力を作るのであって、手の力で打ってはいけない。手の力で打つくらいなら気持ちを持って沈む(座る)ことが大切。撞掌のときも形の力が重要とねばっこく力強い撞掌を見せていただく。ああ打てたら気持ち良いだろうにねぇ。あと上下をはっきり。龍が上下に動く感じだということ。単換掌は内から、双換掌は外から攻める技法だともおっしゃったような。ここが肝心なんですが、筋骨が疲れていても精神は高いテンションで行うことが重要。気と精神の関係は密で、精神だけで気血は練ることができるらしい。

 揺身掌は双換掌と類似しているとのこと。270°位李先生回るんだけど、ものすごい力感。私なんか初心者のダンスみたい。むむむ。身法は難しい。腕を開く形の単操もやってみる。

 さらに順勢掌。思いっきり上下に伸びる(からには沈む)感じ。ノビノビ。かなり楽しい。ノビノビ。ヒヒヒヒ。行歩撩衣から磨身掌に似た変化も。クルリっと回る感じが素敵。余談だけれど、今のところ最大の欠点膝の力み取るのに下勢はいいみたい。ぐいっと低く行ってみる。

 そんでもって磨身掌。磨身一つで一回転だって。ハードだ。大きい動きで行えとのこと。李先生のはドリルみたいだ。ギリギリ食い込む回り方。私はフォークダンス。やだやだ。磨身掌は変化も多いとのこと。手法よりも歩法や身法を重視して全般的に行うようにご注意があってタイムアップ。

 その後歓送会。手羽先でいっぱい一杯。たくさん飲みましたでしょうで賞。2合徳利5本ほど。頭が磨身だわ。楽しく飲んで親交を深めつつ和気藹々で理論も学習。李先生の壮大な謝辞に感激。わぁ漢文の世界だと中国の文化を実感した次第。Cさん蓮茶ありがとう。

 ということで、磨身は体でやりましょう。飲みすぎ禁止。養生(*^_^*)養生(*^_^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
講習会で考えた6 八卦ぐるぐる日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる